誰も負けない笑顔の不動産投資

「相場が落ちる!チャンス到来?!」

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

3月17日付日経新聞に、
『個人への融資縮小 相場下落』
〜損失覚悟で在庫売却も

と題し、

「下がるから売る 売るから下がる」
という悪循環に陥る可能性が指摘されました。

 

要約すると、
収益物件を在庫として抱える大手不動産会社が、
いよいよ売れなくなる前にセールをしてでも在庫を処分しようとしている。

そのセールに引っ張られる形で
他の収益物件も価格が下落するのではないか
という記事です。

 

今回の記事は、大手不動産会社の在庫処分の動きが

物件価格の下落に拍車をかける

ということですが、不動産投資家にとっては

良い情報と捉えて良いと思います。

 

なぜなら、
価格のこう着状態を崩してくれる可能性が
「少しだけ」あるからです。

 

いま市場はどのような状況かというと、

みなさんご存知の通り、

銀行融資が厳しくなって、
属性がバツグンの人であっても、
購入できなくなっているわけです。

 

購入できる人というのは、
自己資金をしっかり投入できるお金を持っている人か、
不動産の買取を専門にしているプロの不動産業者か、

という感じでしょう。

 

いずれにしても、
それなりの価格では買わない、
相場よりもかなり安い金額でないと買わないという、
プロの方々です。

 

銀行融資が厳しくなっていると言っても、
買える人はたくさんいて、
そんな人は全員相場が落ちてくるのを
虎視眈々と待っているのです。

あなたもそのお一人だと思いますが。笑

 

しかし、だからといって、
売主が物件価格を下げるかというと、
金額を下げてまで売りたい理由が特になく、
売主は価格をさげない。

 

「この値段で売れないならもーいいや。売るのヤーメタ。」

という具合ですから、
買える人の価格と売りたい人の価格に大きな乖離があって、
売買が成立しないわけです。

 

そこに大手不動産業者の在庫処分のニュース!!

 

これは明るいニュースです。
相場を下げる可能性があるからです。

 

以前から、
相場が下がっていくトレンドは間違いないと言われていますが、
この時期が早まる可能性があるのです。

 

そろそろ来るかもしれませんね!

 

いつ来ても良いように、これから買いたい方は、
不動産業者や銀行とのパイプを今一度点検 しておきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA