誰も負けない笑顔の不動産投資

誰も負けない不動産投資の世界をつくりたい!〜私が〈不動産投資のスゴイ学校〉を始めた理由〜

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

これまで私が〈不動産投資のスゴイ学校〉を始めた理由について
2つのブログを上げさせて頂きましたが、
今日のブログで最後に3つ目です。

理由3つ目は
「誰も負けない不動産投資の世界をつくりたいから」です。

 

私が代表取締役を務める株式会社カウルという会社に
牧という女性社員がいます。

株式会社カウル 社員 牧さん

彼女が入社した時に僕に言った言葉が、
僕のやる気に火をつけました。

 

二人で会社近くのお店に、
ランチに出かけた時のことです。

 

牧「私、不動産の仕事が好きじゃないんです」

私「え!?」

 

入社したばかりの突然の彼女の告白に驚きました。

そして彼女はこう言いました。

牧『私が不動産の仕事を好きじゃない理由は、
誰かが負けるからなんです。

前の職場では、
お客さんが負けることを知っていながら、
見て見ぬ振りをして、
自社の利益のために働きました。

この物件を手にする人はおそらく大変な思いをする。
でも仕事だからしかたがない。
そういう感情に耐えられなくて辞めました。

不動産の仕事は誰かが負けることを承知の上で、
それを割り切って
進めなければならない仕事だと思っていましたし、
どの会社もそういうものだと思っていました。

不動産業は必ず誰かが負ける。

そんな仕事だから不動産業を好きになれませんでした。』

 

そして続けてこう言いました。

 

『カウルに入社しようと思ったキッカケは、
元上司の兵頭さんに誘われたからでした。

兵頭さんから「岡山に三井さんという人がいて、
みんなが気持ちよく取引できる不動産、
Win-Winになる不動産の新しい形をつくろうとしている。
僕と一緒に手伝わないか?」

と誘われたんです。

 

その時の言葉があったから私は来たんです!
私にとってカウルへの入社は、
自分の思いを形にする為の新たなチャレンジなんです!

 

熱い!!
アツずぎる!!

 

明るく笑顔で話してくれましたが、
彼女の目には少し涙が込み上げていました。

僕はその言葉に

「誰も負けない不動産投資の世界をつくる」

という決意を新たにしました。

このできごとがきっかけで、
誰も負けない不動産投資の世界をつくるための、
不動産投資のスゴイ学校の構想が本格的に始まりました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA