誰も負けない笑顔の不動産投資

収益物件を「買える人」と「買えない人」の3つの違い

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

収益物件が買えない理由とは

収益物件を買えない人が増えてきました。

銀行融資が締まってきたからです。

これから不動産投資を始める人にとっては厳しい状況になっています。

銀行融資は明らかに締まってきているにも関わらず、売買価格はそれほど下がってきていません。

その理由は2つ。

  1. まだ一部の金融機関は積極的に出していること
  2. 売主さんの感覚が最近の相場に付いてきていない

売却希望価格が高いままなので、銀行が出せる融資と物件価格が折り合わず、なかなか売買成約に至らない。

市場全体的に言えばそんな状況です。

しかし、先のことは読みきれませんが、私はさらに価格が下がってくると予想しています。

ただ、その時には銀行がさらに締まっていると思いますので、自己資金が少ない人は今のうちに購入するのが良いと思います。

「買える人」と「買えない人」の3つの差

さて、そんな中で『なかなか物件を購入することができない』という方に朗報です。

私の所に相談に来られる不動産投資家さんの一番の悩みは、「なかなか物件を購入することができない」ということです。

不動産投資に関する本もたくさん読んだ。
セミナーにも出来るだけ参加している。
地元大家さんのコミュニティーにも参加して情報収集している。

なのになかなか買えない…

私は不動産投資家さんにこんな質問をします。

「購入するためにどんな努力をされていますか?」

そう聞くと多くの投資家さんは
「ポータルサイトで物件を探して頻繁に不動産業者に問い合わせている」
といった感じでしょうか。

(ん〜〜そればかりではなかなか買えないなぁ)
というのが正直なところです。

なぜならポータルサイトに掲載されている物件は、不動産業者がお金を払って広告しないと売れない物件だからです。

誰もが飛びつく程の物件はポータルサイトに載りません。

仮に載ったとしても瞬間蒸発してしまうでしょう。

私も不動産投資家として、収益物件をまあまあ買えている方だと思います。

が、8年間で多くの投資家さんとの関わりの中で、「不動産投資家 兼 不動産業者」の立場だからこそ、「買えている人」「買えていない人」の差がハッキリと分かってきました。

その差は

  1. マインド
  2. 物件情報を手にするための行動
  3. 資金調達をするための行動

3つです。

この3つに関するノウハウ・ドゥハウをお伝えし、実践していく学びの場が必要だと感じ開催したのが、「不動産投資のスゴイ学校」です。

物件を買うために「不動産投資のスゴイ学校」でお伝えしていること

先日、11月10日(土)に「不動産投資のスゴイ学校」 岡山校 第1期の第2講が行われました。

今回のテーマは「物件の購入」についてでした。

先ほどの「差」のポイントでいう2つ目の部分です。

どんな物件を購入したらいいのか。

  •  物件概要書を見て、購入してはいけない物件が瞬時にわかる方法
  • 川上物件の情報が入ってくるようにするためにはどうすればいいのか。

そういった方法論をお伝えするだけではありません。

分かっただけではできないのが経営なので、講義が終わった後も実際に宿題で毎日実践してもらっています。

その実践報告がFacebookグループで上がってきます。

この実践は初心者でもベテランでも、属性が良くても悪くても関係ありません

めちゃくちゃ有効な方法です。

そしてこれ以上大切なものはない!
そしてこれ以外必要ないという程の実践です!

生徒さんからは、

「たったこれだけですか??」

と聞かれるほどのシンプルな行動ですが、

「たったこれだけで構いません」

とお答えしています。

世の中には情報が溢れていて、勉強すればするほど慎重になりすぎて行動できなくなったりする傾向にあります。

しかし、本当に大切な情報を元にして実戦で行動することが大切なのです。

行動していくとうまくいかないことや疑問に思うことが生じてきます。

その時が学びのチャーンス!

本を読んだり、セミナーに参加したり、専門家に聞いてみたり、本当に身になる学びをすることができます。

闇雲に勉強すると頭でっかちになって行動できなくなります。

その点「不動産投資のスゴイ学校」は徹底して行動するために、必要最低限の知識習得に留め、あとは仲間と共に行動していくことを宿題にしています。

その実践することに重きをおいたところが、「不動産投資の学校」ではなく「不動産投資のスゴイ学校」にした由来です。

なかなか買えなくて困っている方は、ぜひ不動産投資のスゴイ学校で学びましょう!!

ただいま、次回の岡山校 第2期を計画中です。

第2期は2019年春の開講を目指しています。

参加人数限定の講座ですので、ご興味のある方は仮予約だけでもしておいてくださいね。

▼仮予約はこちら
support@mitsuikazuyuki.com

まだ募集もかけていないのに、すでに3名の予約を頂いています。

学校の様子を少しだけシェアさせて頂きますので、ぜひご覧ください。

▼授業の一部を公開

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA