誰も負けない笑顔の不動産投資

地方の物件のほうが利回りが高い2つの理由

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

笑顔の不動産投資コンサルタントの
三井和之です。

 

今回は
地方の物件のほうが利回りが高い理由
を説明します。

 

利回りとは、
投資金額に対していくら家賃収入があるか
割合のことをいいます。

例えば、1億円の物件を購入して、
その物件から年間1,200万円の家賃収入があったとしたら、
利回りは12%ということです。

この利回りが、
地方のほうが都心よりも高いのです。

 

なぜ地方の物件のほうが利回りが高くなるのかというと、
その理由は2つ。

 

次の表をご覧ください。

地方の物件 都心の物件
物件価格 ★★★ ★★★★★
家賃 ★★★ ★★★★★
利回り ★★★

 

一つ目の理由は、
物件価格が安いからです。

物件価格は、
地方の物件のほうが都心の物件に比べて安いです。

その理由は一言でいうと、
すばり!買う人が少ないからです。

買う人が少ない理由は挙げればキリがないのですが、
例えば、

  • 地価が下がるかもしれない
  • 空室が増えるかもしれない
  • 融資がつかない
  • ファンドや外国人が買わない

など、
とにかく買う人が少ないので安いのです。

 

そして、地方の物件が利回りが高い二つ目の理由は、
家賃はそれなりに取れるからです。

地方の物件は都心の物件と比べてたら家賃は安いのですが、
それでも家賃はそれなりの値段はします。

それは地方にも住まいを必要としている人が
『それなりには』いるからです。

 

つまり、地方の物件は、

① 物件価格は安くても、
② 家賃はそれなりに取れる

だから利回りが高いのです!!

以上の2つの理由から、
地方の物件のほうが利回りが高いのです。

 

今回のブログでは
なぜ地方の方が利回りが高いのか
という内容をお届けしました。

 

「利回り」は私が不動産投資において
最も重要としているポイントのひとつです。

その理由はまたブログでお伝えしていきます♪

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA