誰も負けない笑顔の不動産投資

地方は人口が減っているから不動産投資は◯◯♬

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

『人口減少が進む地方で不動産投資は、
アリですか?それともナシですか??

これは以前行なったセミナーで、
参加者さんから頂いた質問です。

この質問をくれた人の疑問に直球で答えるとしたら、

『ナシ』

ですね!

だって、人口減少が止まらないんですよ??

 

未来の年表(河合雅司著)では、
2053年には9924万人となり1億人を割り込み、
2115年には50555000人まで減る
と言われています。

 

なんと100年後には半分!!

 

大都市圏にくらべて、
地方都市の人口の減り方はこんなもんじゃないでしょう。

田舎ほど減り方が激しいと思うほうが論理的です。

 

不動産の価値は人口の増減に影響を受けるので、
人口が減少する場合は不動産の価値は下がっていく。

 

『人口減少=不動産価値が下がる』

と言っても過言ではありません。

 

だから
「人口減少が進む地方で不動産投資は、
アリですか?それともナシですか??」

と問われたら

「ナシです。価値は間違いなく下がります。
入居者も減っていくでしょう。」

となります。

 

でも!
それでも!
地方での不動産投資をオススメします!

 

その理由については
またブログでご紹介致します♪

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA