誰も負けない笑顔の不動産投資

投資を行う上で最も大切だと考えているベスト3 第2位 勉強する

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
笑顔の不動産投資家 三井和之です!

『投資を行う上で最も大切だと考えているベスト3は何ですか??』
という質問を友人から頂きまして、
前回から3回にわたってこの質問に答えて行っています。

前回の第3位は
『得意分野以外やらない』 でした!

では、さっそく第2位を発表します!

投資を行う上で最も大切だと考えていること 第2位

第2位は
【勉強する】です。

不動産投資はミドルリスクミドルリターンと言われますが、
ローリスクハイリターンにする人もいれば、
ハイリスクノーリターンになってしまう人もいます。

つまり大成功している人もいれば、大失敗している人もいるのです。

なぜそのような差が生まれるのでしょうか。

 

その差は「勉強」にあります。

 

リスクをコントロールする方法は勉強です。

 

リスクが怖いのは見えていないから

人は見えないものを恐れます。
その証拠にお化けは見えないから怖いのです。

お化けも「オバQ」みたいに見えていたらまったく怖くないのに、
見えないから怖いのです。

不動産投資のリスクも同じです。

勉強不足の人はいざ不動産を買おうとした時、
どんなリスクがあるのか想像できません。

上級者ならまったくリスクだと感じない物件でも、
「大丈夫かな大丈夫かな」と不安がります。

そんな状態では購入してはダメです。

「この物件の考えられるリスクは◯と△だ。このリスクなら収入や保険で十分対応できる。だから自信を持って行こう!」
と判断できるようになって購入しないといけません。

じゃあ、上級者はなんのお迷いもなく購入しているかというとそうではなく、
「何があるかわからない。でもリスクは限定的だ!行こう!エイ!!」
と、最後にはエイヤで決めて購入するのですが、
何もリスクを想定できていない勉強不足の人の意思決定とは質が違います。

不動産投資は買わなければ負けはありません。
しっかり勉強した上じゃないと始めてはいけません。

 

リスクを軽減する勉強の仕方

勉強の仕方は次の通りです。

  • 本を読む
  • ネットで検索する
  • セミナーに参加する
  • 仲間から教わる
  • コーチをつける

リスクは勉強したら見えてきます。
リスク対策も勉強したらわかります。

物件のリスクが見えてくるまでしっかり勉強しましょう。

 

まとめ

何事も備えあれば憂いなし。

不動産投資も同じです。

勉強をすると不動産投資がローリスクハイリターンになっていきます。

リスクの無い投資、負けない投資はありませんが、
しっかりと学ぶことで確実性がグンと増します。

始める前にまずは学びましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA