誰も負けない笑顔の不動産投資

継続は力なり!115回の登山で学んだ【継続】するための秘訣とは

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。
笑顔の不動産投資コンサルタントの
三井和之です。

先週の日曜日に、73歳の母と登山に行って来ました。

今回で115回目の登山です。

ほぼ毎月1回。

2007年に登山を始めましたので、
かれこれ11年になります

 

【記念すべき100回目の鬼ノ城登山】

【100回目記念登山での山頂到着】

 

登山を始めたきっかけは
母がいつまでも元気で、そして死ぬまで自分の脚で歩けるように
というのが目的でした。

11年間、115回という数字だけを見れば
相当な努力を重ねたと思われるかもしれませんが、
毎月きっちりストイックに行なっていた訳ではありません。

 

体調がすぐれなかったり、
暑すぎたり寒すぎたりしても、
無理をせずお休み。

途中で引き返したりしたことも当然あります。

自分たちのペースで進むことが大切。

だからこそ続いているのかも知れません。

 

参加人数もゆるゆるです。

私が母を連れて行くので、
私と母の2名は確定ですが、
その他のメンバーは
その時行ける人が自由に行くということにしています。

みんなでワイワイ行くのも最高に楽しいですが、
母と二人っきりの時も
それはそれで普段できない話がじっくりできて、
有意義な時間だったりします。

 

【継続は力なり】

 

あまり無茶をせず
ゆる〜く行なう方が、
継続しやすく、
結果的にその方が成長できたりします。

ストイック過ぎるのも良くないかも。

続けることを最優先するならば、
一生懸命よりも
楽しくないといけませんね!

楽しくするには
何事も気持ちの余裕が必要です。

 

不動産投資も同じかも知れません

頑張っても頑張っても買えなくて、
諦めてしまう人が多いですが、
勉強を楽しんで続けてさえいれば、
いつかきっとチャンスは訪れます。

ユルくてもいいので
楽しみながら続けましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA