誰も負けない笑顔の不動産投資

笑顔の不動産投資をオススメする3つの理由。

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

笑顔の不動産投資コンサルタントの三井です。

世の中には資産運用のための投資がいくつかありますが
私は不動産投資がもっとも賢い選択だと思っています。

私自身がこれまで不動産投資を実践してきて
他の投資と比較して違うと感じる
3つの特徴を上げることができます。

今回はなぜ不動産投資をオススメするのか
その理由をお伝えしたいと思います。

理由その1 自らリスクをコントロールできる経営の手法である

不動産投資は賃貸経営と呼ばれる
歴とした「経営」だと言えます。

経営とは「事業を営むこと。また、その運営のための仕組み」。
不動産投資は自分の力で成果を手繰り寄せることができるのです。

FXや株式投資は値動きを読む努力はできたとしても、
値動きを自らコントロールすることはできません。

不動産投資は自身の力で
不動産をより価値のあるものに変えることが出来ます

不動産をどのように運用し活用するのか。
それにより自身の収益が大きく左右される点において
ただの「投資」というより「経営」という感覚に近いです。

理由その2 レバレッジを効かせられる

レバレッジ(leverage)とは、
他人資本を利用することで自己資本に対する利益を高めることで、
株やFXをされている方には聞き慣れた言葉だと思います。

私がお伝えしたいレバレッジを効かせされるという意味は
銀行からの借入ができるということです。

これは不動産投資に対して
銀行がを「事業経営」だということを
認めているから可能なことなのです。

そして不動産そのものに担保力があり
銀行は融資がしやすいのです。

他にもレバレッジを効かせられる投資はありますが、
銀行が協力してくれる投資は
不動産投資以外にない
と言ってもいいでしょう。
(企業買収のような広義での株式投資は一般的ではないので省きます)

理由その3 人と関わる投資

私が一番の特徴として上げたいのはこの理由です。

他の投資がネット上で行うことができるのに対して、
不動産投資は様々な人たちと関わってこそなせる投資です。

売買の仲介業者、管理会社、銀行担当者、入居者など
多くの関係者と関わっていくことが出来ます。

もちろん投資家のスタイルにも寄りますが
私自身はネット上での取引より
リアルに人と会い進めていく取引の方が自分に合っています。

人と関わりを持って進めていくことで
様々な出来事やドラマが起こります。

そして、その関わり方によっては
投資を成功へと近づけることができますし
その逆もあり得るのです。

私が「笑顔の不動産投資」を意味することは
この理由が大きく関わっています。

投資を行う人だけでなく
関わる人々を笑顔にしたい。

不動産投資はそれを可能にしてくれる投資方法です。

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA