誰も負けない笑顔の不動産投資

売主の売却理由は気になりますか?

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

売主の売却理由は気になりますか?

物件を購入する時に、
このように思うことはありますか?

 

「売主はなぜ売却するんだろう。。」

 

ほとんどの方が気になるポイントだと思います。

 

あまりに良い条件だったりしたら、
喜ぶどころか、
少し不安になったりさえします。

 

トラブルを起こしまくる不良入居者がいるとか、
高架水槽へのポンプが壊れているとか、
エレベーターが古くそろそろ交換時期が来ているとか、
近隣に反社会的勢力の事務所ができて周辺環境が悪くなったとか。

もしかしたら、
そういった事実があるかもしれません。

 

でもそれはちゃんと調査して
事実確認をすれば良いだけのことであって、

『売主の売却動機』とは直接関係のないことです。

 

逆に、
ちゃんと調査をして事実確認をすることなく、
売主の売却動機を聞いただけで、
それを鵜呑みにするようでは上手くいきません。

 

結論をいうと
あまり売主の売却理由は気にしなくていいです。

 

いや、聞かないでください。
聞くだけ無駄です。誰も得をしません。

 

売主は売却動機は言う必要ないし、
仮に都合の悪いことがあっても
誤魔化すのがあたりまえだと思っていた方が賢明です。

 

「売主の売却理由はなんですか?」と聞かれた、
間に入ってくれている不動産仲介業者も困ってしまいますから、
聞かない方がいいですよ。

 

あっ、ちなみに仲介の立場としてのカウルの経験上、
売主さんの売却理由のほとんどは、

賃貸経営に問題はないけど歳も歳だし
息子は不動産の面倒を見れないし
ここらで売却しておいた方が良さそうだ。

 

という感じでしょうか。

 

売却理由は聞かずに、
事実確認をバッチリ行なっていきましょう〜。

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA