誰も負けない笑顔の不動産投資

キャッシュフローを目的にするならゼッタイ地方物件!!

三井 和之
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

笑顔の不動産投資コンサルタントの
三井和之です。

今回は
キャッシュフローを目的とする不動産投資について
ブログを書こうと思います。

 

私が不動産投資をするにあたり
必ずチェックしているポイントは
キャッシュフローがしっかり出るかどうかです。

そして、キャッシュフローを得るために
地方のエリアを攻めています

 

私が地方の物件をオススメする理由は、
ずばり「利回り」が高いからです。

 

利回りが高くないとキャッシュフローを得られにくい。

 

「キャッシュフローが目的ではなく資産保全が目的なんだ」

という方は、
価値が落ちにくく入居づけにも手がかからない
都心の物件を行くべきかも知れません。

 

しかし、キャッシュフローを不動産投資の目的にしている方は、
地方の物件を購入できるようにした方が良いでしょう。

もちろん都心でキャッシュフローが出る物件の方が良いですが、
そんな滅多に見つからない宝探しをするよりも、
地方で潤沢なキャッシュフローが出る物件を狙った方が上手く行きます。

 

大阪で探すよりも岡山で、
岡山で探すよりも香川で、
香川で探すよりも高知で、
物件を探したほうが
よりキャッシュフローが出る物件が
見つかり易いのは間違いない事実です。

 

東京・名古屋・大阪など大都市で物件を狙っている方は、
ぜひ地方にも目を向けてみてください。

 

もちろん資金調達と満室経営のノウハウが必要なので、
だれでも地方を狙ってうまく行くわけではありませんが、
ちょっと工夫すれば資金調達も満室経営も可能なのに、
地方に目を向けない投資家が多いので
非常にもったいないなと思います。

 

まぁみんなが目を向けないから
安く購入できるわけですから、
あなただけはしっかりと思い切って
地方を狙うようにして頂きたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三井 和之
1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より競売から家を守る「セール&リースバック」を専門にする不動産投資業を始める。その後、地方中古一棟マンション投資に方向転換し、2019年2月現在、所有する収益不動産は362戸年間家賃収入は2億円を超える。 不動産投資がうまくいかず笑顔を失った方のお役に立てるのは、不動産投資と任意売却の両方の世界に精通した自分しかいないと立ち上がり、本当に明るい人生を手にする 『笑顔の不動産投資』を広めるため不動産投資コンサルタントとして活動。そして、2018年10月より、笑顔の不動産投資家を育成する「不動産投資のスゴイ学校」を開講。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA